インターナショナルスクールの選び方

fotolia_114399505

インターナショナルスクールでは、英語で教育を受けられるため、語学習得目的のために通う日本人が少しずつ増えてきています。インターナショナルスクールに限らず、アメリカンスクール、中華学校なども同じ理由で日本人が増えつつありますが、これらの学校は日本にあるその他の学校とは少し違うので、注意すべき点もいくつかあります。

インターナショナルスクールの定義

インターナショナルというくらいですから、子供達の国籍は様々です。ただ元々、「日本で生活するものの、日本語力の不足により一般教育機関では満足に教育を受けられない子供達」のための学校ですから、古くからあるインターナショナルスクールは両親のどちらかが外国籍であるか、国籍は日本でも英語が母語になってしまい日本語がうまく操れない子供達しか入学することはできませんでした。

いまだに日本語が母語で両親が日本人の子供達には入学資格がないインターナショナルスクールも多く、特に老舗インターに入学するのは非常にハードルが高いと言えます。

日本人を受け入れるインターナショナルスクール

日本国籍の日本語話者児童を受け入れるインターナショナルスクールかどうかを、まず最初に確認する必要があります。ホームページの募集要項(Admission)ページを確認すればわかります。もし外国暮らしの経験がなく両親ともに日本語話者であれば、この時点で行ける学校の選択肢が絞られます。

義務教育後の教育を視野に入れたうえで判断

日本国籍の児童を受け入れるインターナショナルスクールの場合、審査を通過すれば通うことはできますが、義務教育終了後に引き続きどのような教育を受ける予定なのかは、入学する前に十分に考えておく必要があります。

「インターナショナルスクールへは何年生まで通うのか」が大切なポイントです。もしも将来的に日本で教育を受けることを考えているなら、義務教育が終了するまでに文科省の定める1条校(通常の日本の学校)へ転校する必要があります。

逆にそうしないのなら海外へ進学するまで確実に日本での教育を保証してくれる学校でなければいけないため、高校から国外へ出るなら中学まで、大学から国外へ出るなら高校まで、そのインターナショナルスクールへ通えるのか、中高の在籍生徒数なども確認します。

英語の基準

英語や諸条件の審査により、最初から志望校へ入学できないこともあります。その時には最初はまず、幅広く生徒を受け入れている学校からスタートします。まわりは英語のできない日本人ばかり、と悲観する必要はなく、そこから抜け出しステップアップするための手段と割り切り、まずは入れるインターナショナルスクールへ入学して実績を積みます。インターナショナルスクール間では、転校は珍しいことではありません。ステップアップしていきましょう。

日本の学校教育重視なら

日本の学校教育を受けることに大きな意味があると考える場合は、インターナショナルスクールへは行けません。そのためそう言う子供達の多くは小学校入学まで、「プリ」と呼ばれる英語保育の幼稚園や保育所へ通います。

学校教育が始まる前なので文科省の学習指導要綱とも関係なく、多くの「プリ」が独自の英語教育を展開しています。クラスメイトの大半は「英語を身につけたい日本人の子供達」ですが、場所によっては国際家庭の子供達がいるプリもあります。

プリでは小さな外国を味わえ、卒園後地元公立小学校へ入学してからは英会話スクールなどで英語を続けることもできます。

完全に英語のみのプリ、日本人バイリンガル保育士がいて日本語や日本の文化もフォローするプリなど、さまざまなスタイルが存在し、インターナショナルスクールよりも圧倒的に数が多いので、探せば自分の要望にあったプリを見つけることができるはずです。

インターナショナルスクールは、方針や校長先生が頻繁に変わったり、新設されるはずのクラスが結局新設されなかったりというトラブルもあります。ただこれは、既存の教育を受けないリスクでもあり、ハイリスクハイリターンの発想と似ています。時期、期間、費用を総合的に検討し納得のいく形で判断できれば、子供たちには質の高い教育を与えることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る