なぜ子供の英語学習が必要とされているのか

fs_05_01-1-4.jpg

最近では、絵本やDVDなどを使って子供に英語学習をさせる親が多くいらっしゃいます。小さいころから英語を学ばせることで英語力が身につくのですが、なぜ今子供の英語学習が必要とされているのかご存知ですか。

小学校で英語の授業がスタート

2011年度から、小学校で英語の授業が必修になりました。小学校では英語の聞き取り、話せるようになることを目的としていますが、毎週英語の授業が行われるようになると、中には英語を苦手とする子供も出てくるでしょう。

小学校で英語につまずいてしまうと、ずっと苦手意識を持ったまま中学校へ進むことになります。小学校高学年になると、現在中学校で学習している内容を学ぶこともあるため、小学校にあがるまでに英語に触れさせたいと考える方が多くなっているのです。小さいころから英語に触れている子供は、学校でも戸惑うことなく学習することができるでしょう。
英語力が必要な仕事が増えている

英語力が必要な仕事が増えている

最近では、英語のスキルを求める企業が増えています。仕事で英語を必要とし、英会話教室に通っている大人も多くなっていることから、将来のために英語を身につけさせると将来有利になるでしょう。英語を話すことができれば、出世や高収入も夢ではありません。

また、子供が憧れる野球選手やサッカー選手、医者、弁護士などの職業でも、英語が必要になります。英語を話せることは子供が夢を叶えるための大きな武器となるので、小さいころから英語を学ばせることはおすすめです。
ネイティブな英語が身につくのは子供だけ

中学生になって英語の授業が開始されると、得意・不得意がはっきりとしてしまいます。それは、単語や文法についての知識がついていることから、正しく単語を使おうということにばかりに気を取られてしまい、なかなか英語をしゃべることができなくなってしまうからです。また、慣れない口の動かし方に苦手意識を感じてしまい、英語が嫌いになってしまうのです。

しかし、英語から日本語への変換が未熟なうちから、英語を音として認識させることで、英語独特の発音に抵抗を感じることなくしゃべることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る